シャドウバース攻略ブログ

デッキ紹介とか勝率が上がるための情報を書いていきます

告知文

「本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイト/アプリケーションの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。」

全般

【シャドバ】マリガンが変われば勝率が変わる!先攻でも後攻でも同じようなマリガンしてませんか?

更新日:

最近改めてマリガンって疎かにしちゃいけないなって感じることがあり、かなり勝率に関わってくることだと思うので記事として残しておきます。

例えばロイヤルの渾身の一振りの扱いについて考える


このカードは非常に強力なので手札においておきたいところですが、
基本的に先攻の場合は、交換すべきカードです。

理由

先攻の場合、序盤にこれを有効活用できるシーンがあまり無いためです。

具体的にどういうことだ

まず1ターン目、こっちはロイヤルで引きがよくクイックブレーダーをだせたとしましょう。
相手のターン、1コスのカードがなくてパスしてきました。
2ターン目、ここが大事です。2コスのフォロワーを出したいですよね。渾身の一振りは使えませんから。
2コスフォロワーがいればいいですが、いない場合に、
「ああ・・・渾身の一振りいらねえな」
ってなるんです。
こうなるぐらいであれば、交換するが正解だとは思いませんか。
仮に相手が1ターン目にフォロワー出してきたところで1コスの雑魚フォロワーを除去するために使いたかったんでしたっけ。

逆に後攻であれば喉から手がでるくらい抱えておきたいカードです。
1ターン目相手:1コスフォロワー召喚
自分:パス(別にクイックブレーダーが出せたでもいいです)
2ターン目相手、2コスの2:2フォロワー召喚
自分、渾身の一振りで2コスフォロワーを除去して、かつナイトを召喚できる

後攻のときのロイヤルの理想の展開ですね。
これだけで序盤かなりアドが取れてますよね。

で、勘違いしてほしくないのはここで言いたきことは、
後攻のときに渾身の一振りを抱えてこう立ち回ってねってことではなく、
先攻のときであれば交換にだしたほうがいい
ってことです。

長くなってしまいましたが以上のことを踏まえて、
先攻・後攻のマリガンについて書いていきます。
※あくまで僕の所感です;;

先攻のマリガンはフォロワーを並べて相手を殴れるよう意識

あたりめえだろ
って話ですがここで言いたいのは2コスのスペルを抱えるくらいなら、
2コスのフォロワーを手札に置きたいという話です。
冒頭では渾身の一振りのお話をしましたが、
例えばアグロバンプでも、鋭利な一裂きが最初に3枚来た場合は、1枚だけ残し、他は交換に出したほうがいいです。(3枚とも交換してもいいくらいです)
理由は、2ターン目にブラッドウルフと鋭利な一裂き
どっちを出したいかって考えると圧倒的にブラッドウルフを出したいためです。

後攻のマリガンは序盤に相手のフォロワーをうまく除去できるよう意識

冒頭で話ししたとおり、渾身の一振りや、森荒らしへの報いなどがほしいです。
ただし2コス3コスで守護のカードがあるならそれは取っててもいいと思います。(2コスで守護持ちを2ターン目にだせるのはかなりでかい)

っていうか後攻のときのマリガンはそんなに難しくないですね・・・
書いてて思いました。先攻のマリガンがちょっとむずかしいんですねこれw

もちろんデッキによって、
先攻が得意なデッキ、後攻が得意なデッキってありますが、
基本的にこういった考えを持ってプレイすると違ってくるんじゃないかなぁって思います。
特に渾身の一振りとかは先攻のときにも抱えている方は多いのではないでしょうか。

特にアグロバンプやフェイスロイヤルなどは序盤のムーブが大事になので、最初のマリガンは特に重要です。
もちろんマリガンした結果「まだあっちのカードのほうが良かったわ」ってなることもありますw
(アグロバンプでそう思った場合、その時引き直したカードはもしかしたらデッキに不要なカードかもしれません)

たかだか3枚のカードを交換するだけの行為ですが、とっても重要なステップだと思うので、
マリガンは今よりもっと時間かけて考えてみてもいいかもしれません。

そんな感じです。

今日の一言

とかなんとか書きながら昔はマリガンで相手が時間かけてるとちょっとイラっとしたりしてたチャットより。

広告

広告

-全般

Copyright© シャドウバース攻略ブログ , 2018 AllRights Reserved.